*

予防歯科
MEDICAL

健康なお口を保つため
定期的なメンテナンスを

健康は財産です。
ご自身の歯でいつまでも美味しく楽しく食事をすることが、より豊かな生活にも繋がります。
そして予防は、間違いなくどんな高度治療にも勝る、健康に最も有効な医療。
歯医者でメンテナンスやクリーニングなどを定期的に受けることで
痛いむし歯や歯周病を防ぐことができ、歯を削ったり再治療する必要のない
健康なお口が保ちやすくなります。

生涯、ご自身の歯で
健康に過ごすために

*

年をとれば必然的に歯を失う…そう考えてはいませんか?
はじめに、老化などの年齢は「歯を失う原因」と関係ありません。「歯を失う原因」とされているその7割以上がむし歯と歯周病で占められています。つまり、むし歯と歯周病にさせない=予防をすれば、歯を失う確率を大幅に下げられるということです。
国全体の歯科医療の方針として「予防歯科」の考えが採用されているスウェーデンは、現に歯科疾患が世界で一番少ない国として知られています。子どもの頃から歯の検診や歯の健康づくりが生活習慣として定着しており、むし歯や歯周病を防ぐことに繋がっているのです。そして80歳を迎えても、多くの方が若い時とあまり変わらない本数の歯を維持できていることで、食事やおしゃべりを楽しめる、より豊かで充実した時間を過ごされているのです。
*

快適な予防専用ルームで定期ケア快適な予防専用ルームで定期ケア

*

個室メンテナンスルーム
定期的なメンテナンス(定期健診)専用の個室を用意しています。専用の個室は予約も取りやすく、待ち時間が少なくなるように配慮をしています。
メンテナンスでは治療は行わず、お口の健康チェック(口腔検査)、だ液検査、歯石取り(スケーリング)、と歯の汚れの除去(PMTC)、健康維持のための指導等を行います。快適な空間でメンテナンスを受けていただき患者さんの健康づくりを応援します。治療が必要な場合は相談の上、後日通常の診療室で受けていただきます。

より効果的な予防を
実践するために

*

「プロフェッショナルケア」と「セルフケア」の両方を行い、
むし歯や歯周病を長期的に予防しましょう
予防歯科には、定期的に歯医者で行う「プロフェッショナルケア」と、ご自身が毎日自宅で行う「セルフケア」があります。
どちらか片方を行えば良いということではありません。両方のケアを行うことで、より効果的に大切な歯を守り続けることができるのです。スウェーデンの人々のように、大切な歯を守り、より豊かな人生を送るために、予防歯科を実践しましょう!

歯医者で行う
プロフェッショナルケア

*

PMTC
プロが専門の器具を使用して行う歯のクリーニングです。磨き残しから、歯ブラシでは磨けない歯と歯茎の隙間まで、お口の中を徹底的にきれいにしていきます。
歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布など)を利用するため歯に汚れがつきにくくなり、予防効果も期待できます。汚れがしっかり落ち、本来の歯の白さも戻ります。施術の痛みはなく、お口の中がとても気持ち良くなり、エステを受けているような感覚でむし歯や歯周病の予防もできる、まさに一石二鳥の方法です。

PMTCの流れ

  • 染め出し液で歯垢のチェック

    染め出し液で
    歯垢のチェック

  • フッ化物入りペーストを塗布

    フッ化物入り
    ペーストを塗布

  • 歯間や歯面をクリーニング

    歯間や歯面を
    クリーニング

  • 歯の表面をツルツルに仕上げ磨き

    歯の表面をツルツルに仕上げ磨き

  • フッ素塗布で歯質を強化

    フッ素塗布で
    歯質を強化


*
歯みがき指導
ご自宅でのセルフケアを効果的に行っていただけるよう、一人ひとりに合わせた歯みがきの仕方から歯ブラシの選び方までお教えします。
*

*
口腔検査
実際にお口の中を診て、歯と歯茎、現在の口腔状態を細かに把握します。その他の検査結果と合わせ、一人ひとりに最適な診療計画をご提案します。
*

*
スケーリング
(歯石取り)
歯周病の原因となる歯石は細菌を含んでいます。歯みがきでは絶対に除去できないため、専門の器具で徹底的に除去します。
*

その他、フッ素塗布やシーラント填塞など

ご自宅で行うセルフケア

*

歯みがき
毎日しっかり磨いているつもりでも、実際には磨き残しができてしまうものです。また、磨き方によっては、歯や歯茎を傷めてしまうことも…。
自分に合った歯ブラシや歯みがきの方法を丁寧に指導いたしますので、正しい歯みがきを習慣付けましょう。
point

毛先の開いた歯ブラシは歯にきちんと当たらず、汚れが除去しづらくなります。
歯ブラシの交換は1ヶ月に1本を目安にし、常に歯ブラシを磨きやすい状態に保ちましょう。


*
フッ素配合の歯みがき剤
フッ素は、歯質を強化したり、むし歯の発生・進行を防ぐ働きがあります。
フッ素を含む歯みがき剤を使用して、より効果的な歯みがきをしましょう。
*

*
歯間ブラシ・フロス
歯と歯の小さな隙間は歯ブラシが届きにくいため、通常の歯みがきに加えて歯間ブラシやデンタルフロスを使用し、細かい部分もきれいにしましょう。
*

*
マウスウォッシュ・ジェル
就寝中はだ液の分泌量が減少するため細菌が繁殖しやすくなります。就寝前には殺菌力を持つマウスウォッシュを使用してすみずみまで殺菌しましょう。
*

だ液検査で
お口の状態をチェック

*

痛くない=健康な状態、とは限りません
身長や体重、体力などが人によって違うように、歯とお口のコンディションも人それぞれです。痛みなどの自覚症状がないからと言って、お口の状態が健康であるとは限りません。
そこで当院では、お口の「いま」の状態を測定できる、だ液検査を実施しています。
少量の水でお口全体をゆすぐだけの簡単な方法で、短時間でむし歯菌・酸性度・緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニアの6項目を測定することができます。

6項目の測定結果で、
お口の健康状態を判定

  • 歯の健康度
    • むし歯菌
    • 酸性度
    • 緩衝能
  • 歯茎の健康度
    • 白血球
    • タンパク質
  • 口腔清潔度
    • アンモニア

だ液検査で分かる3つのこと

*

01 / 見ただけでは分からないお口の現状
歯や歯ぐきにすでに歯科疾患が生じている場合、見た目での確認が可能です。しかし、お口の中の菌の種類や数などの「お口の健康状態」は、見た目だけで判断することができません。このだ液検査では、歯とお口のコンディションを測定することができます。

*

02 / むし歯や歯周病などのリスク予測
だ液の成分には「歯の健康」「歯茎の健康」「お口の清潔度」のサインが表れます。だ液検査ではそれらの6項目を測定し、むし歯や歯周病になるリスクの度合いから口臭の度合いまで、総合的に知ることができます。

*

03 / あなたにぴったりのセルフケア
収集したデータを元に、患者さん一人ひとりに適したセルフケアを提案することができます。毎日のケアをより効果的なものにし、お口の病気を防いで健康を維持していきましょう。
だ液検査の流れ
3ステップ、わずか5分で測定できる簡単な検査です。
少量の水でお口全体をゆすいでだ液を採取するだけなので、患者さんに負担はかかりません。
*
10秒間、かるく洗口してだ液採取

検査キット付属の洗口用水(3ml)を口に含み、口腔内全体にいき渡るように10秒間かるくゆすいで、だ液を採取します。

*
*
試験紙と専用機器で測定する

洗口吐出液を試験紙に点着して専用機器にセットすれば、測定がスタートします。測定時間はわずか5分ですので、その日のうちに結果がわかります。

*
*
測定結果をわかりやすくご説明

測定結果をプリントアウトしてお渡しします。歯の健康、歯ぐきの健康、口腔清潔度に関する項目がチャートで表示されているので、一目でご自分のお口の状態を把握することができます。

*
*
だ液検査の流れを動画でご紹介 at the video
*

だ液検査を受けられる方は、
検査専用の時間をとり検査いたします。
「だ液検査」と予約の上、下記の注意事項をお守りください。

  • 定期健診の方は、定期健診と同時にだ液検査を受けることもできます。
    希望される場合、歯石除去やクリーニングの前にお声がけください。
  • 過去の結果と比べるため、定期健診のたびに検査を受けることもできます。
  • 検査された方には、検査結果を参考にブラッシング指導、
    食生活・生活習慣指導など行っています。
    (指導は保険診療となります。)
  • より詳しく、むし歯のなりやすさを調べたい方には、
    「むし歯リスクテスト」を用意しております。
    お気軽にお問い合わせください。
検査を受けられる当日は
検査する2時間前から飲食、喫煙、歯磨き、うがいは控えてください。
MEDICAL
ページの先頭へ戻る